TOP
61.84score

boCha

第2回 取引botの作り方 動かしてみる

第1回はコチラ

第1回 取引botの作り方 環境を整える | カタリベ Kataribe

第0回はコチラ・PythonをPCにインストールインストールに注意点があるので読み終わってからどうぞ。リンク先から64bitOSをお使いの方はWindows x86-64 MSI installer3...
Kataribe

sublimeでbottest.pyを開きましょう。

プログラムは【変数】と【型】があります。変数はラベルです。

a = 1 + 1

aは2と思った方、合ってますがそれは演算です。
a = a + 1も成立します。コピペしましょう。

a = 1 + 1
a = a + 1
print a

(実行はCtrl+Bですよ)

1行目で1 + 1にaというラベルが貼られます
2行目でa(1 + 1)に+ 1してaのラベルを貼ります。
printでaを表示すると3になります。

=は右左辺の等値でなく左はラベル。

1行目がaの初期化なので、いきなりa = a + 1をやると
a is not definedとaが定義されていないエラーになります。

次に型です。分かりやすい3つ

・Hello World
文字列型(str)です。’’か””で囲んだものです。
この記号を使うと文字化けするので本来は半角です。
キーボードで同じ記号を探して半角で打ちましょう
a = ’Hello World’

・1
数値型(int)です
先ほどのaは数値型でした。

・1.0
浮動小数点型(float)です。
後で書きますが1と1.0は別物です。

type(変数)とすると何型か判定します。

a = 1
print type(a)

<type ’int’>

数値型と判定されました。

・四則演算

1 + 1の+の記号を演算子といいます。
四則と×÷が違い×は*で÷は/です。

print 2 / 2
print 2 * 2

さて、floatです。やってみましょう

print 1 / 3
print 1.0 / 3

0
0.333333333333

両方int型だと結果もint型で整数以下は何と端折られます。
片方がfloat型だと結果もfloat型です。

0.333…曲者です。本来は割りきれず無限ループします。
実はコンピュータは少数に誤差を作ってちょろまかしてます。
botでの計算の障壁になるので【丸め誤差】を覚えておきましょう。

片方floatなら大丈夫かというとそうでもない。

print 11 / 3 * 100.0

300.0

型を意識せず演算するとエラー|バグになります。
float型との演算はfloat型が無難です。

第3回はコチラ

第3回 取引botの作り方 公開APIを触ってみる

第2回はコチラ・pipとはPython製ソフトをダウンロードするソフトです。冗長します。Pythonは実はC言語というプログラム言語で動いています。プログラムを書く→PythonがC言語へ翻訳する→パ...
by boCha 2016-09-14 10:00

毎夜語られるbotterの集まりへもどうぞ参加してください

ZaifBot製作者の集い - Cometeo

界隈では有名なhugahuga氏はC♯でのbot作成解説を行われてるので是非是非

botくん入門 カテゴリーの記事一覧 - hugahuga秘密結社 仮想通貨支部

hugahugaがぼっとさまの力を借りて仮想通貨界を暗躍するその一部始終
hugahuga秘密結社 仮想通貨支部

.

最終更新日:2016-09-20 23:37

コメント (0)